独立起業・開業を目指す方へのアドバイス

独立起業・開業を目指す方へ、私自身の経験からアドバイスさせていただきます。

1 まずは行動すること ~書いてみることから~

「将来的に独立起業・開業しようと決意したが、何から始めたらいいか分からない· · · · · · 」

事業計画書を書くイメージ

起業・開業を目指す方から、そういうご相談をよくお受けします。起業・開業するのは初めてという人がほとんどでしょうから、それも仕方ないですよね。

独立前の今のうちから一歩でも独立・起業に近づくために、積極的に行動を起こしてみましょう。自己啓発本やビジネス本を読むことも、もちろん意味があり重要です。

ただ、本などからインプットしてわかったような気になるだけではなく、実際にアウトプットしてみること=行動することのほうが重要です。その第一歩として、「事業計画書作成の流れ」に従って、実際に事業計画書を書いてみましょう。

2 調べてみる ~人の話をよく聞く~

「書いてみる」ことで、起業・開業する事業のビジネスプランが固まったら、それに関連することについて、徹底的にリサーチを進めましょう。

■テストマーケティング、ヒアリングを行う ~試してみる~
その商品・サービスが売れるのかどうか? いくらで売れるのか? どうやったら売れるのか? どこをどのように改良したら良いか? 起業・開業前にいろいろと試してみることができれば、ビジネスの成功確率が上がるはずです。もし現在の仕事の副業として出来るのであれば、休日などを使って実験的に販売してみたり、サービスを提供してみてください(=「テストマーケティング」)。
会社で副業が禁止されている、販売やサービスの提供に許可が必要な場合など、テストマーケティングの実施が難しい場合、知人や友人等に頼んで、商品・サービスの内容、価格、販売方法などについて意見を聞かせてもらいましょう(=「ヒアリング」)。商品、サービスのターゲットとなる顧客層に近い属性の知り合いに協力してもらうと、より精度の高い結果が得られ、改良のヒントが見えてくるはずです。
■成功している人の研究をする
成功している人の研究をしているイメージ
あなたが目指すその道で成功している人を徹底的に研究してみましょう。書籍やブログ、ホームページを読んだりすることから始め、その人の考え方や心構えを分析してみましょう。良いところは積極的に取り入れ、マネをするのも良いでしょう。実際に商品やサービスに触れてみることも大切です。講演会やセミナーをされている方であれば、参加し、実際に会っていただくのが一番良いです。その人がどうして成功したのか、それが見えてくるはずです。
■必要な許認可・手続きについて調べる
業種によっては、役所の許認可や届出が義務付けられているものがあります。必要な要件、資格などについても調べておきましょう。今のうちに取得できる必要な資格があるかもしれません。許認可の要否について判断に迷うことがあったら、専門家に相談しておきましょう。
3 勉強する ~常に向学心を忘れない~

どんな事でも新しく取り組むことは、全て学びに繋がります。これは起業前も、起業した後も同じ事です。新しい知識を吸収し、自分の糧にしていきましょう。

■Web・インターネットについて勉強する
現代においては、どんなビジネスをするにしても、Webやインターネットの知識は重要です。技術的なこと、専門的なことまで知る必要はありませんが、Webマーケティングの概要くらいまでは知っておいた方が良いと思います。併せて、twitterやfacebook、ブログなどインターネットを使った無料のツールを使ってみることもオススメです。
経営や経済について勉強するイメージ
■経営、経済などについて幅広く勉強する
起業・独立して、自らが経営をしていくには広範な知識が必要です。時間を作って経営や経済に関連する各分野について勉強をしておきましょう。景気動向の読み方、業界のトレンド、決算書の読み取り方、マーケティング、営業戦略など、経営をして行く上で、それらの知識は重要です。今のうちに勉強しておきましょう。各種起業支援団体が主催するセミナーに参加してみるのもオススメです。
このページのトップへ